先生を探そう!

Sponsored Link

仮免が手に届いたら、はやく、練習したいですよね!
その前に自動車教習の先生(ドライビング インストラクター)を
探さなくては行けません。

やはり、ちゃんとした運転方法を学ぶのは、
ちゃんと資格をもった先生を探すのが
免許をとるのに大切なことです。

私は、インターネットや地元の新聞を見て先生を探しました。
何人かに電話し、よさそうな先生を選びました。

3-8

私の先生はこの方です。すごく説明が上手で、
やさしい先生でした。

日本人を教えるのは初めてだそうです
3-1

最初1回目はお試しで乗ってみました。
先生との相性があるでしょうから、
良い先生が見つかるまで、
試乗レッスンを受けることをお勧めします。

先生によっては、
マニュアルしか教えない先生もたまにいるようです。

私の先生JIMは、マニュアル、オートマ、4WDの3台を持っていて、
その生徒に合わせたレッスンをします。

3-2

3-3

3-4

言葉の問題
私は、日常会話程度出来れば、問題ないと思います。
もちろん、イギリス英語を多少聞きなれていた方が良いですが、
車の運転は、やはり体で覚えるものの様な気がします。

私は、最初はじめて耳にした自動車用語が
解らなかった事もありましたが、
学科の勉強をしていくうちにそれもなくなりました。

それから、最初のうちは、先生が英語でどんどん説明していくと、
運転に集中したいのに出来なくて、困った事がありましたが、
その時は先生と話し合って、安全な場所に止まって先生の説明を聞きました。

その方が、良かったです。
慣れてくると、その必要もなく、
運転しながら先生の話を聞くことが出来るようになりました。

3-5

このマークは、自動車教習の教官免許です。
このマークを持っている先生を探しましょう。

 先生の評判

私の先生は、ローカル新聞にも取り上げられた事があるそうです。
本当に良い先生です。
コツをちゃんと教えてくれるし、時間もちゃんと守る、丁寧・・
パーフェクトな先生でした。

本当にこの先生にご指導頂いて良かったと思います。
写真も提供して下さいました!

3-6

3-7

3-9

3-10

私が、いつも練習していた道路はこんなところです。
山に囲まれていてたのでカーブは多かったです。

Sponsored Link